てんとうむし通信

Bird.

     

こんにちは。

埼玉県上尾市大谷本郷にある障がい者就労支援隊機能事業所(就労移行、就労継続支援B型)「てんとうむし上尾」支援員の川名です。

もちろん以前から感じてはいましたが、最近ますます!

てんとうむし上尾の皆さんのパワーに感動する日々が続いております!

あんなお仕事、こんなお仕事、可能性開花の音が聴こえます♬

先日 お休みの日にこんなオブジェに出会いました。

明るい時間にみると、すこし可愛い。

おしりの部分もキュートです♪

今にも飛び立ちそうな…にわとり???

作品名は「Bird」。樟の木彫りだそうです。

少し暗くなってからあえて同じ場所を通ってみると…

おおおーーー!

確実な野心を感じる雄々しい雄鶏!

熱い魂が伝わってきます!

「にわとり」ではなく「Bird」と名付けられた作品名について考えていましたら、

なんと てんとうむしの英語訳にたどり着きました。

多くの諸説があり、これからご紹介するのは私が解した一説にすぎませんので、あしからず。

イギリスではてんとうむしのことを「Lady bird」と呼ぶそうです。

Ladyは聖母マリアを示すとされ、てんとうむしは「聖母マリアの使い」なのだそうです。

そのいわれは、農夫が害虫に困り果ててマリアに祈りをささげたところ、大量のてんとうむしが現れて害虫を食べてくれたという伝承。

さらにもう一つ。

てんとうむしの赤は、初期の聖画に描かれた聖母マリアの衣と同じ色だから、と結び付ける説もあります。

その場合の赤という色は、愛や太陽の意味を持つそうです。

害虫を駆除し、一生懸命 木に登ってから太陽に向かっていく飛んでいく

Lady bird、てんとうむし。

己の使命を知ってか、雄々しく健気で美しい生命の力!

木彫りのオブジェのお話につながりました!

「Bird」のように、時に雄々しく。

自分なりの温度と湿度で

太陽の下で 健気に強く

「human」としての一度きりの生を生きてみたいものです。

(飛ばない分も。)

見学・体験随時受付中!

てんとうむし上尾では見学・体験、無料相談を随時受け付けています。
ご希望に応じて、上尾駅または北上尾駅までの送迎も行っております。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはコチラ