てんとうむし通信

濡れマスクでハミング♪

     

こんにちは。

埼玉県上尾市大谷本郷にある「障がい者福祉施設」「就労継続支援B型」

「てんとうむし上尾」の川名です。

本日のてんとうむし上尾は

【講座・ミサンガ作り】☆

Yさんのご指導のもと、

不器用すぎる星の下に生まれた川名も頑張りましたよ!

写真は最初の段階で私と一緒にこんがらがる

某SFであります(^^;

皆さん根気よく編み込んで…

バッグにつけるチャームとして完成させた方や

実習にいらしていたOさんはお母様へのプレゼントに!!!

とっても素敵です☆

Yさんありがとうございましたー♪

さて先日、

8ヶ月半ぶり(!)に電車に乗り、日比谷で観劇してまいりました!

劇場の全てが新しい生活様式仕様になっていて。

チケット発券、検温、入場、消毒が

オール非接触型。

係の方は発声せず

絵カードでの説明なので

一つ一つカードを見ながら動きます。

館内でも各所に掲示してある説明を読み、

物販もトイレもロビーでの過ごし方も

なかなか脳みそを使いました。

公演ですが。

本拠地兵庫で半年遅れで開演したものの

数度にわたり休演を余儀なくされた

公演で。

でも東京の真ん中で

今日も元気に舞台に出てきた!

今日も幕が開いた!

みんな、いる!

その瞬間から感激です。

お芝居の中で

「生きよう」という台詞があり

その瞬間に涙腺が決壊しました。

役として戦場の場面で交わされた

生きよう」なのですが、

役に、彼女達や私達の現実も重なり、

本当に、その通りだと。

ここ8ヶ月ほどの私は

ここまで、頑張ろう。

ここまでは、頑張ろう。

と、どこか負の達観をしていました。

しかし、細い背に覚悟をまとった

若く美しいトップスターさんの

「生きよう」をみて、きいて、

心が大きく動きました。

私も、命を燃やして、生きよう

劇場を出て、

涙で全然乾かないマスクの下で

覚えたての主題歌をハミングをしながら歩いていると

気付くと一駅分、東京駅まで15分!

どこにしまっていたのかわからない

陽気と元気が、私の体に。

最後に。

きっと1月以来!?に羽を伸ばした

カウンター席ひとり外食、

ミッドタウンのお店。

以前と比べると空いていて店員さんも減り

一抹の寂しさも感じましたが、

入りやすさと天井の高さが安心♪

そして唐揚げとお味噌汁の味は変わらず100点満点でお値段もそのまま!

美味しかったです!

見学・体験随時受付中!

てんとうむし上尾では見学・体験、無料相談を随時受け付けています。
ご希望に応じて、上尾駅または北上尾駅までの送迎も行っております。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはコチラ