スタッフ日記

真っ白なキャンバスに何を描こうか

     

みなさん、こんにちは!
障がい者就労支援多機能型事業所(就労移行・就労継続支援B型)「てんとうむし上尾」のとがみです。

ずいぶん日が長くなりましたね。
ほんの少し前のこの時間(18時頃)は、もう外は真っ暗でしたからね。

外が明るいと、なんかもっと活動したい気分!?
(お仕事はきっちり、早めに切り上げましょう!!)

さて、先日てんとうむし上尾では、事業所開所以来初めての実習生の受け入れを行いました!!
近隣の特別支援学校の生徒さんで、事前の打ち合わせから、実習(4日間)、振り返りと、どれも真剣な姿勢の方でした(*´з`)

事前に頂いていた情報から、見える形で予定を決めようと、予定表を作成して、一緒に実習の時間割を作っていきました。

実習中は、すごく緊張しただろうなぁ、毎日何か得てくれているかなぁ、楽しく来れているかなぁ。と、考えていました。

それでも、毎日前向きなコメントや、振り返りでの感謝の言葉に、
「むしろこっちこそ、『ありがとう』って伝えたい!」と感じました。

Mさん、これからの学生生活の中で、もっと沢山の経験を重ねていってくださいね。
実習に来てくれて、ありがとうございました!!

これからも、実習の希望を頂く中で、「来てよかった」と思ってもらえるように態勢を整えていきたいと思います。
見学や相談等、いつでもおまちしております!

ちなみに、タイトルの意味は、
『真っ白な(予定の入っていない)、キャンバスに(時間割表に)、何を(どんな訓練や講座を)、描こうか(入れていこうか)』
でした(^^)/

実習生に限らず、利用される皆さんのこれからの日常に、どんな人生を入れていけるか、皆さんそれぞれの希望とする生活を見つけ、その姿に近づくために。
私たちが少しでもお役に立てたら嬉しいですね。

見学・体験随時受付中!

てんとうむし上尾では見学・体験、無料相談を随時受け付けています。
ご希望に応じて、上尾駅または北上尾駅までの送迎も行っております。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはコチラ