てんとうむし通信

時間と心の余裕。

     


こんにちは。
埼玉県上尾市大谷本郷にある「障がい者福祉施設」「就労継続支援B型」
「てんとうむし上尾」の坂田です。

先週金曜日は、障害年金の面談で厚木の方まで行ってきました。

埼玉からだと群馬、栃木は距離があっても行きやすいんですよね。
道も東北道、関越道とそんなに混まないからです。

ただ、神奈川方面だと首都高を使うか、圏央道を使うわけですが、
意外に圏央道も混むんですよね。

余裕をもって、今回も3時間前には出たのですが・・・

遅れました。

ワタクシ、社外のアポには遅刻することはまずなくて、
あっても乗ってた電車が長時間止まったとかなんですね。

多少の遅れ(数十分)ならば挽回できるように予定を組んでいます。
そうでないと気が済まないんですね・・・。
こうした事故等の遅刻も含めて、12年間で1回か2回くらいだと思います。

今回も1時間弱、余裕を見たつもりだったのですが、
結構早い段階から混んでしまって余裕の時間を使ってしまい、
更に八王子から先で事故渋滞につかまりまして、あえなくThe Endとなりました。

早い段階で事務所からご相談者の方には連絡してもらい、
また途中で高速を諦めて下道を駆使したこともあり、
15分程度の遅れで大惨事は免れました。。。
(ご相談者さまにも、遠方から来ているとのことでお許しいただけました。)

昨年亡くなられましたが、志村けんさんは遅刻が大変お嫌いだったそうです。
その気持ち、大変よくわかります。

時間に余裕を持つことというのは、心に余裕を持つことと同じですね。
納期が迫ったり、時間に追われたりすると、心も落ち着きません。
皆さんも日頃の生活から意識してみてくださいね。私もそうします。

・・・という今後への戒めとして、ここに記すこととします笑