てんとうむし通信

留守番中の猫。

     
こんにちは。
埼玉県上尾市大谷本郷にある「障がい者福祉施設」「就労継続支援B型」
「てんとうむし上尾」の川名です。

予告どおりの連投であります!

有言実行!

が、川名の人生における
ささやかすぎて大袈裟な
メインテーマであります!

えーっと。
昨日は母の犬のことを書いたので
本日は我が家の猫のことを書きます。

にゃあ(18才のお姉さんよ)です。
あ、失礼いたしました、
ついこじろうが登場してしまいます。


こちらがにゃあです。
ふざけているわけではありません。
舌の収納を忘れているだけです。

18才。
Hさんによると人間では100才だとか。

息子が1才、ようやく歩き始めた頃に
家の前の空き地に降臨しました。

ここ数日、私が母の部屋に泊まり、
それだけでも彼女にとっては非日常なのに。

買い物や諸々の都合上、
こじろう(ポメラニアン5才だぞ)が
私と一緒に何度も我が家に出入りして
揚々とにゃあに挨拶しにやってくる。

こじ「きたよー♪(しっぽフリフリ)」

にゃあ「シャアアアーっ(威嚇)」

、、、、、。。。。。

ひと通り落ち着いた寸暇の
にゃあさんをご覧下さい。

私の膝に乗って降りない
↓
私が料理という名の実験(すみません。)を始めると
足元から離れない
↓
物憂げな顔で窓の外を確認
↓
常に隣にいて薄目を開け
私がいるかどうか確認
↓
ちなみに、エアコンをガンガンにつけた部屋で毛布にくるまっています。

この夏も生き抜くそうです。

現場からは以上です。
気温が高い日が続くようですねーっ;

梅雨も夏も、
猫に負けずに!

我らも知恵と気合いで乗り切りましょー!

見学・体験随時受付中!

てんとうむし上尾では見学・体験、無料相談を随時受け付けています。
ご希望に応じて、上尾駅または北上尾駅までの送迎も行っております。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはコチラ