てんとうむし通信

上には上がいる話。

     

こんにちは。
埼玉県上尾市大谷本郷にある「障がい者福祉施設」「就労継続支援B型」
「てんとうむし上尾」の坂田です。

ワタクシ、ここしばらく埼玉県内の将棋道場に通っております。

通っていると言っても週に1回、2時間半なので、
指せるのはせいぜい6局か7局くらいです。

さらに道場と言っても通っているのは「初級者教室」なので、
まわりのほとんどは子供(小学生)です。大人は5人くらいかな。。。

ここにいる子供たちは、大人の大体倍(13局)くらい指します。
この違いは何なんですかね。それでいて強いので・・・辛いです。
ちなみにウチの子(次男)は1級で10勝3敗だったそうです(おい)
昨日指しましたが、まあ順当に2連敗しましたよね・・・(おいおい)

将棋道場というのは一般的に有段者の方が多くて、
級位者にとってはなかなか敷居が高いんです。
でも通っている道場には初級者教室があって、大人もOK!
ということで通い始めました。

そこで3月に3級に昇級したのですが、めでたくこのたび2級に昇級しました!
昨年末に、今年中に1級になりたい!とブログに書いたのですが、
目標達成が見えてきました。

ちなみに2級というのはですね、
将棋を趣味にする人の中では・・・

なんと・・・

「平均的」な強さだそうです笑
ようやく平均に到達しました!

たぶん将棋をちょっと指したことがあって、
少しだけ自信あるよ、という大人の方は、
8級から10級くらいだと思います。

この間、別の将棋教室で練習台を頼まれて、
7級の子に飛車落ちで勝ったので、
大体2級というのはそのくらいかなと思います。

そしてワタクシ、その教室の先生には2枚落ち(飛車角なし)で1回も勝ってません。
先生、強すぎる。

そして、その先生もたぶんアマ4段くらいで、
アマ5段と奨励会の「6級」が同じくらいで、
奨励会で4段にならないとプロにはなれず、
そのプロ100数十人の中で1人しか1つのタイトルは取れず、
それを2つも持っているのが藤井二冠(九段)です・・・。

7つとも持ってた羽生九段、すごすぎますね。

アマ三段を取ると将棋教室が開けるそうので、
それを目標に頑張りたいと思います。